Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesがすばらしい! その01

Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesがすばらしい! その01の画像01

Disney と、女性写真家アニー・リーボヴィッツとのコラボレーションによって、ディズニー映画の世界観を写真で表現したシリーズが展開されている。
 
どの写真も、写真としての構図や世界観の表現として学ぶところが多くて、画像編集や画像加工などのソフトによって加えられた、光や色彩、キラキラした輝きや背景、エフェクトなど、高度な表現がとても参考になる。
 
というわけで今回は、Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesの写真を一枚ずつ紹介していく。
 
映画の世界が、どう写真になったのか、ぜひ楽しんでほしい!


アリス・イン・ワンダーランド
Where wonderland is your destiny.

アリス・イン・ワンダーランド Where wonderland is your destiny.の画像01

アリス・イン・ワンダーランドは、ティム・バートンが監督して、2010年に公開された映画で、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」をもとにして、アリスのその後に起こった体験を描いたファンタジー映画だ
 
写真では、アメリカのシンガーソングライターであるビヨンセが、アリスを、アメリカのシンガー&俳優であるライル・ラヴェットが、3月ウサギを、カナダ出身の俳優であるオリヴァー・プラットが、マッド・ハッターを演じていて、3人の仲間関係と、不思議の国の世界を、躍動感たっぷりに表現している。

眠れる森の美女
Where imagination saves the day.

眠れる森の美女 Where imagination saves the day.の画像01

眠れる森の美女は、日本では1960年に公開された、長編アニメーション映画で、美しいオーロラ姫が、16歳の誕生日に魔女の呪いで眠り続けることになってしまい、彼女へ恋心を抱いたフィリップ王子が、キスで姫の呪いを解く、という物語だ
 
写真では、イギリス出身のプロ・サッカー選手デビッド・ベッカムが、フィリップ王子を演じていて、魔女が姿を変えたドラゴンと戦っている様子が表現されている。

シンデレラ
Where every Cinderella story comes true.

シンデレラ Where every Cinderella story comes true.の画像01

シンデレラは、日本では1952年に公開された、長編アニメーション映画で、下働きとして仕事ばかりの生活をしていたシンデレラが、妖精の魔法のおかげで、お城の舞踏会に出ることができて、王子と恋に落ちる、世界的に有名な物語だ。
 
写真では、アメリカの女優スカーレット・ヨハンソンが、シンデレラを演じていて、シンデレラがガラスの靴を落とす、有名な場面がみごとに表現されている。

ピノキオ
Where the magic begins.

ピノキオ Where the magic begins.の画像01

ピノキオは、日本では1952年に公開された、長編アニメーション映画で、子供のいなかった時計職人が作った人形ピノキオが、妖精の魔法によって動きだし、嘘をつくと鼻がのびて、正直で優しい性格になると、人間になれるという物語だ。
 
写真では、イギリス出身の女優であり歌手ジュリー・アンドリュースが、ピノキオに命を与えるブルー・フェアリーをアメリカの女優であるアビゲイル・ブレスリンが、仲間のフィラを演じていて、妖精たちが住んでいる、キラキラした森の世界をみごとに表現している。

白雪姫
Where you’re the fairest of them all.

白雪姫 Where you’re the fairest of them all.の画像01

白雪姫は、日本では1950年に公開された、長編アニメーション映画で、義母である魔女に憎まれて、7人の小人と一緒に生活していた白雪姫が、魔女の毒リンゴを食べてしまい、王子のキスで目覚めるという物語だ。
 
写真では、イギリス出身の女優であるレイチェル・ワイズが、白雪姫を演じていて、深い森の奥で、動物たちに慕われている白雪姫の姿が、みごとに表現されている。

王様の剣
Where you’re always the king of the court.

王様の剣 Where you’re always the king of the court.の画像01

王様の剣は、日本では1964年に公開された、長編アニメーション映画で、少年時代のアーサー王が、森の中で魔法使いのマーリンに出会い、王に必要なことを学んで、石に刺さった伝説の剣エクスカリバーを抜く物語だ。
 
写真では、スイス出身のプロ・テニスプレイヤーであるロジャー・フェデラーが、エクスカリバーを抜こうとするアーサー王を演じていて、雨が降りそうなイギリスの岸壁と、アーサー王の威厳をみごとに表現している。

アラジン
Where a whole new world awaits.

アラジン Where a whole new world awaits.の画像01

アラジンは、日本では1993年に公開された、長編アニメーション映画で、貧しい青年アラジンが、王女ジャスミンと恋に落ちてしまい、身分の違いを超えるため、ランプの魔人ジーニーの力を借りるという物語だ。
 
写真では、アメリカの女優&歌手ジェニファー・ロペスが、ジャスミン王女を、プエルトリコ系アメリカ人の歌手マーク・アンソニーが、アラジンを演じていて、撮影された2008年当時、2人は結婚していたけれど、2011年に離婚している。

アラジン
Where your every wish is our command.

アラジン Where your every wish is our command.の画像01

もう一枚の写真では、アメリカ出身の女優ウーピー・ゴールドバーグが、ランプから出てきた魔人ジーニーを演じていて、彼女にしかできないチャーミングさで、ランプの魔人らしさをみごとに表現している。

ポカホンタス
Where dreams run free.

ポカホンタス Where dreams run free.の画像01

ポカホンタスは、世界で1995年に公開された、長編アニメーション映画で、好奇心旺盛なアメリカ原住民の娘であるポカホンタスと、新大陸を征服しに来た、ジョン・スミスが恋に落ちるけれど、戦争で2人は引き裂かれてしまう物語だ。
 
写真では、アメリカの女優であるジェシカ・ビールが、ポカホンタスを演じていて、彼女の自由で好奇心旺盛なところを、みごとに表現している。

ピーター・パン
Where you never have to grow up.

ピーター・パン Where you never have to grow up.の画像01

ピーター・パンは、日本で1955年に公開された、長編アニメーション映画で、少女ウェンディが、ピーター・パンに連れられて、ネバーランドへ行く物語だ。
 
写真では、ソ連出身のバレエダンサー&俳優ミハイル・バリシニコフが、永遠の少年であるピーター・パンを、ブラジル出身のスーパーモデルであるジゼル・ブンチェンが、ウェンディを、アメリカの女優&脚本家であるティナ・フェイが、ティンカーベルを演じていて、ウェンディとピーターパンの運命の出会いの瞬間を、みごとに表現している。

リトル・マーメイド
Where another world is just a wish away.

リトル・マーメイド Where another world is just a wish away.の画像01

リトル・マーメイドは、世界で1997年に公開された、長編アニメーション映画で、人魚姫のアリエルが、船に乗っていた王子のエリックに一目惚れしてしまい、魔女のアースラと賭けをして、3日間だけ人間の女性になるという物語だ。
 
写真では、アメリカの女優であるジュリアン・ムーアが、人魚姫アリエルを、アメリカの競泳選手であるマイケル・フェルプスが、手前の男性人魚を演じていて、美しい海の中にある、人魚たちの世界を、みごとに表現している。

まとめ

Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesがすばらしい! その01の画像02

次に準備している、Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesがすばらしい! その2では、2009~2013年までに撮影された写真を、紹介していきたいと思っている。
 
興味がある人は、ぜひ次の投稿も楽しんでほしい!
 
 
2014.01.05 おの なおと


オススメのページ

HOME | 2014 | Disneyと女性写真家アニー・リーボヴィッツがコラボした、Disney Dream Portrait Seriesがすばらしい! その01

Copyright (C) 2014 - 2016  Life is sparks. All Rights Reserved.
運営者の紹介
名前 : おの なおと
所在 : おもに大阪市
仕事 : 映像動画制作
 
運営者の近況

このブログを運営して、初となるデザインと仕組みの変更を行った。よりシンプルに、より使いやすくを目指して、新たにサイドバーを加えたり、メインカラーなども変えてみた。ブログの更新については、地道にマイペースに進めていくので、今後ともよろぴく。

Copyright (C) 2014 - 2016
Life is sparks. All Rights Reserved.