Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像01

僕は、個人用のメールを管理するのに、GoogleのGmailを使っている。
 
迷惑メールへの対策が優秀だし、Googleドライブも簡単に連携できるし、メールを自動的にラベルで分けてくれるし、とても便利に使っている。
 
こんなに便利なら、個人事業用に取得した独自ドメイン、ugomotion.comを利用して、Googleで、○○○@ugomotion.comのアドレスを取得できないだろうか?
 
でもって、○○○@ugomotion.comを、Gmailで、使えるようにできないだろうか?
 
そう思って、あれこれ調べてみたら、Google Apps for Workというサービスを導入すると、ugomotion.comでメールアドレスを取得できて、Gmailで管理できるようになるということが分かったので、さっそく導入してみた。
 
というわけで、今回の投稿では、Google Apps for Workの導入から、実際に独自ドメインを使ったメールアドレスを取得するまでの手順を、紹介してみたいと思う。


Google Apps for Workで、なにがどうなるの?

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像02

Google Apps for Workを導入すると、個人アカウントから何が変わって、どう良くなるのか?
 
 

Google Apps for Workで良くなること?

 

  1. 独自ドメインでメールアドレスを取得して、Gmailで管理できる。
  2. Googleドライブの容量、1ユーザーあたり、30GB。
  3. 困った時には、24時間365日、電話とメールで対応してくれる。
  4. 年間の稼働率、99.9%以上を保証。
  5. 個人用と、事業用で、アカウントの切替ができる。

 
 

Google Apps for Workの利用料金【1ユーザー】

  • 年間プラン : 500円/1ヶ月
  • フレキシブルプラン : 600円/1ヶ月

 
ビジネス用のサービスだけど、利用料金がリーズナブルなので、僕みたいな、零細な個人事業主でも、気軽に導入できちゃいます。
 
僕の場合、これからの仕事で、お客さんへ動画ファイルを渡すのに、Googleドライブだけを専用に使おうと計画しているので、Google Apps for Workのおかげでドライブの容量が増えるのも、なにげに嬉しかったりする。


さっそく、Google Apps for Workを導入!

 
 

ステップ01

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像03

自分のドメインで、メールアドレスを取得するには、まず、Google Apps for Workに登録する必要がある。
 
30日間無料でお試しできるので、とりあえず必要事項記入して、登録してみよう。
 
 

ステップ02 

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像04

僕の場合、すでにムームードメインで、個人事業用にugomotion.comという独自ドメインを取得していたので、今回は、【既に購入済みのドメイン名を使用する】のほうにチェックを入れる。
 
すると、下に【独自ドメイン】を入力する欄が現れるので、取得している独自ドメインを入力する。
 
今回の僕の場合、ugomotion.comと入力する。
 
 

ステップ03

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像05

上画像の【ユーザー名を選択】のところに、入力した文字列が、そのまま新しいメールアドレスとして登録されるので、後々のため、どんな文字列にするか、ちゃんと考えてから入力しよう。
 
ちなみに、僕の場合、短くて知ってる単語のほうが覚えやすいし、タイプ入力するのも楽だろうと思って、hello【ハロー】にしてみた。
 
これで個人事業用のメールアドレスは、 hello@ugomotion.com となることになる。
 
 
Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像06

 
ここまで完了したら、Googleでの設定はほぼ完了しているので、次は、Googleのガイドに従って、ドメインを管理している、ムームードメインのほうでも、あれこれ設定してやる必要がある。
 
難しそうで、自分1人ではうまく設定できないかもしれないと思ったら、Google Apps for Workには24時間365日、メールと電話で対応してくれるサポートがあるので、助けてもらうのが良いだろう。
 
上の画像にある【ドメインを確認】というボタンを押して、Googleのガイドと、ムームードメインを行ったり来たりしながら、ドメインの確認とメールの設定を進めていこう!

続いて、ムームードメインで独自ドメインの確認!

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像07

上の画像は、Google Apps for Workに現れる設定ガイドで、確認の1つ目と2つ目を、1つに合成したもので、まとめて紹介する。
 
 

確認01

独自ドメインを管理しているサービスを、Googleさんが自動で調べてくれるので、サービスにログインしてから、チェックを入れよう。
 

確認02

次に、サービスにログインした状態から、ドメイン名の設定を、あれこれ変更したり管理できるページへいく必要がある。
Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像08

ムームードメインの場合、ログインして左側にあるサイドバーから、ドメイン管理 → ドメイン操作 → ムームーDNSとクリックしていくと、管理しているドメインの設定をあれこれ変更できるページへ行ける。
 
上から5番目に、今回使う独自ドメインugomotion.comがあるので、変更ボタンを押してカスタム設定のページへ行けたら、確認02に、チェックを入れよう。
 
 

確認03

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像09

 
次に、TXTレコードなるものを、ドメイン設定に貼るように指示が出るので、さっそく指示通りに進めてみよう。
 
これは、独自ドメインが、本当に本人によって管理されているかどうか、調べるためのもので、勝手に独自ドメインを利用されないための作業だ。
 
Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像10

ムームードメインで、独自ドメインのカスタム設定ページへ行くと、 設定2に入力欄があるので、上の画像のように、 種別をTXTに変えて、Google Apps for Work の設定画面から 値/応答/参照値をコピーして、 内容にペーストしよう。
 
Google Apps for Workの設定画面では、 名前のところに@を入力するように書いてあるけど、入力して保存するとエラーが出るので、ムームードメインでは入力しなくて良い。
 
 

確認作業

ムームードメインで、変更したカスタム設定を保存して、Google Apps for Workの設定画面で、【TXTレコードを作成しました】にチェックを入れよう。
 
すると、独自ドメインの所有権の確認作業がはじまる。
 
コーヒーでも飲みながら、のんびり待っていると、進捗率が増えていって、下の画像が現れたら、独自ドメインが本人のものだという確認が完了する。
Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像11

最後に、ムームードメインでメール設定!

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像12

続いて、ムームードメインでメール設定をしていくことになる。
 
手順は、独自ドメインの確認と同じ要領で進めていくことができる。
 
前のようにサービスにログインして、ドメインのカスタム設定のページへ行って、
もし、以前に入力したMXレコードが保存してあったら、削除しておこう。
 
 

MXレコード

そこまで終了したら、4つ目の確認が現れて、MXレコードなるものを、ムームードメインのほうに貼り付けるように指示される。
 
ところが、上の画像にある、そのMXレコードをムームードメインのカスタム設定のページに貼り付けても、エラー表示が出てきてしまう。
 
ヘルプであれこれ調べてみたところ、ムームードメインの場合、独自の設定があって、独自のMXレコードを貼り付ける必要があるらしい。
 

 
 
というわけで、ヘルプに合わせて、設定を進めていく。
 
 

設定01

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像13

 
まずは、ムームードメインでドメインのカスタム設定ページへ行って、上の画像にある、赤色の枠のように利用しないにチェックを入れる。
 
 

設定02

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像14

続いて、設定2のところで入力欄を追加ボタンを押して、上の画像のように、以下の情報をすべて追加していく。
 
  • MX ASPMX.L.GOOGLE.COM 10
  • MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 20
  • MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 20
  • MX ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM 30
  • MX ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM 30
  • MX ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM 30
  • MX ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM 30
 
ムームードメインで変更したカスタム設定を保存して、Google Apps for Workの確認画面で最後までチェックを入れると、メールの設定がはじまって、進捗率が増えていく。
 
状況にもよると思うけど、僕の場合、設定が終了して下の画面が現れるまで、1時間ほどかかった。
Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像15

これで、独自ドメインのメールアドレスを、Gmailで使えるようになる!

まとめ

Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!の画像16

というわけで、今回の投稿では、Google Apps for Workで、独自ドメインからメールアドレスを取得して、Gmailで管理するまでの設定方法を、あれこれ解説してみた。
 
僕の場合、例えば銀行口座など、個人用と事業用で銀行を分けていて、これでGoogleのサービスも、個人用と事業用に分けることができた。
 
お金、メール、ファイルなど、仕事や活動を進めていくのに重要な要素を、個人のものと事業のものに、分けて管理することは大切だと思う。
 
Google Apps for Workは手軽な料金で導入できて、Googleの機能をより強力に、より安心にできるので、ぜひみなさんも、個人活動や仕事などで有効活用してもらえたらと思う。
 
 
2014.12.03 - おの なおと


オススメのページ

HOME | 2014 | Google Apps for Workを導入して、個人事業用の独自ドメインでメールアドレスを取得してみた!

Copyright (C) 2014 - 2016  Life is sparks. All Rights Reserved.
運営者の紹介
名前 : おの なおと
所在 : おもに大阪市
仕事 : 映像動画制作
 
運営者の近況

このブログを運営して、初となるデザインと仕組みの変更を行った。よりシンプルに、より使いやすくを目指して、新たにサイドバーを加えたり、メインカラーなども変えてみた。ブログの更新については、地道にマイペースに進めていくので、今後ともよろぴく。

Copyright (C) 2014 - 2016
Life is sparks. All Rights Reserved.