1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!の画像01

夏が終わって、仕事などで忙しくて、新しい本を買うことができなかったのだけど、11月に、仕事帰りに西梅田のジュンク堂のビジネス本コーナーを歩いていたら、「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法」という本があった。
 
ここ数年、僕は、自分の情熱を活かした起業したいと思っていて、でも、どこから始めてよいのかわからず、いろいろなビジネス本を読んでは、考えを巡らせるばかりだったので、思わず手に取って、読みはじめた。
 
1万円起業...というタイトルだけ読むと、ちょっとうさん臭いノウハウ本なのかな?と思ったのだけど、読んでみると、著者の経験と調査によって裏付けられた、目からウロコが落ちる!オモシロさで、多くの人へオススメの本だったので、起業するだけじゃないブログの最初の投稿として、ぜひ紹介したい。


「小さな者が勝つ時代」がやってきた?

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!の画像02

1万円起業では、インターネットやテクノロジーが、誰でも使えるようになって、どんなキャリアを選択すべきなのか? どのようにビジネスを起こせば良いのか?世界中で、そのルールが大きく変わっていると、はっきり書いている。
 
過去には、賃金をもらった会社で働くか、大きな借金やリスクを抱えて独立するか、という二者択一だったのが、今では、ビジネススクールにも通わず、借金もせず、従業員もアルバイトも雇わず、1人の情熱とスキルだけでビジネスを起こして、それで金銭的にも成功してしまう、世界中にそんな人たちが現れている。
 
1万円起業では、そんなマイクロビジネスに成功した人たちに、実際に調査とインタビューを行って、さまざまな失敗例や成功例を紹介しながら、起業する現場の教訓や、起業に必要なもの、行動計画集などを紹介している。


1万円起業の著者、クリス・ギレボーってどんな人?

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!の画像03

「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法」という本は、2012年にアメリカで発売された、「THE $100 STARTUP」の日本語版で、作家、起業家、トラベラーであるクリス・ギレボーが書いたビジネス本だ。
 
1万円起業の中でも書かれているけど、クリス・ギレボーという人は、アパートの一室で、輸入したコーヒーをネット販売する事業をはじめて、次に、西アフリカの医療慈善事業団体のボランティアとして4年間活動して、アメリカに帰国してから、作家になったという変わった経歴の持ち主とのこと。
 
現在、著者のクリス・ギレボーは自分の経験や著書をもとにして、1万円起業をテーマにした、The 100 StartupというWebサイトも運営していて、サイトには、起業するため情報、1万円起業家たちが集まるコミュニティ、さまざまなケーススタディ、1万円起業家のインタビュー動画などがある。

1万円起業を読んで得られる、起業するのに必要なもの?

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!の画像04

1万円起業という本では、起業するのに必要なさまざま側面や要素を、的確にとらえて事例を紹介するとともに、教訓やポイントを導きだしていて、マイクロビジネスを起業するのに、どこから始めれば良いのか? マイクロビジネスでどのように価値を生みだして、広めていけば良いのか?自分たちの製品やサービスを、どのように成長させていけば良いのか? などなど、起業のスタートからゴールまで、深く掘り下げて書いてくれている。
 
クリス・ギレボーは、マイクロビジネスを立ち上げるのに必要なのは、
① 製品またはサービス(あなたが売るもの)
② 代金を払ってくれる人びと(顧客)
③ 支払いを受ける手段(製品またはサービスとお金を引き換える方法)
の3つだと断言していて、他の要素はあってもなくても構わないそうだ。
 
また、1万円起業では、あなたが売るものである製品やサービスの価値について、価値 = 交換や努力によって生じる、望ましく役に立つものとはっきり定義していて、起業したけど、つまずいた時には、「どうすれば、もっと人の役に立てるのだろうか?」と考えるように言っている。
 
こういう考え方は、日本人には、すんなり入ってくるだろう。
 
クリス・ギレボーは、1万円起業の本で、自分の情熱や好きなことからはじめて、ビジネスを起こした人たちのエピソードを、たくさん紹介しているけど、同時に、情熱だけでは成功しない!ともはっきり書いていて、重要なポイントだと思う。


まとめ

 
1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法というタイトルだと、1万円で簡単に起業できて、お金がじゅうぶんに稼げると、勘違いしてしまうけど、1万円起業という本には、誰でも可能なノウハウが書いてあるわけではない。
 
1万円起業の中で紹介されている人たちは、誰もが自分の技術、情熱、知識などを、どうすれば価値へ変えられるか、自分なりに考えて行動を起こした人ばかりで、1人1人のビジネスが個性的で、1つ1つの成功がオリジナルの物語だ。
 
起業したい1人1人の人間が、自分にはどんな技術、情熱、知識があって、どうすればそれを価値へ変えて、顧客へ提供できるのか?考えて行動を起こして、初めて1万円起業という本は、意味や価値を持ってくる。
 
もし、あなたが起業したい、自分のビジネスを興したいと思っているなら、それが個人ではじめるマイクロビジネスであれ、チームではじめる事業であれ、「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法」を読んでおいて、損することはありませんし、長い目で見て、役に立つビジネス本だと思う。
 
 

2013.12.31 おの なおと


オススメのページ

HOME | 2014 | 1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法は、起業するため、起業に必要なものが理解できるオススメの本!

Copyright (C) 2014 - 2016  Life is sparks. All Rights Reserved.
運営者の紹介
名前 : おの なおと
所在 : おもに大阪市
仕事 : 映像動画制作
 
運営者の近況

このブログを運営して、初となるデザインと仕組みの変更を行った。よりシンプルに、より使いやすくを目指して、新たにサイドバーを加えたり、メインカラーなども変えてみた。ブログの更新については、地道にマイペースに進めていくので、今後ともよろぴく。

Copyright (C) 2014 - 2016
Life is sparks. All Rights Reserved.